スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:悪意/東野圭吾




悪意/東野圭吾。

私が読書を始めたのは10ヶ月前くらいで、それまで作家さんの名前なんぞ全然知らなかったんですが、そんな私でも名前くらいは聞いたことのある作家さんです。ドラマ化されてますよね結構。
有名すぎるので逆に今まで読まなかったんですが、今回機会があった(本の交換会?で手に入れた)ので読んでみました。

分類は詳しくないですが推理小説?と言っていいんですかね。ある殺人事件の解決に向かっていく上で、人の「悪意」を描いている作品だと思います。悪意は何も無い所から発生するし、黒い。原因が無いから解決方法がない。人間、弱ければ弱いほど悪意を働かせてしまう、と思うので強くなって行きたいところですね。。。

話の構成が緻密で、「ああ~そうなるのか~」って感じでまんまとやられてしまった。東野さんは理系出身なんですね。理系出身の小説家も面白いなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。